バリテイン221の成分

 

バリテイン221の成分にはどのような特徴があるのか?

 

他の増大サプリとの違いを確認しておきたいですよね。

 

「評判の」増大サプリではそれぞれ独自の成分が配合されていることも少なくありません。

 

そこで、担当者の方に直接お伺いしたバリテイン221の成分へのこだわりについてまとめましたのでご覧下さい。

 

【バリテイン221の全成分】類似品にはない成分の特徴とは?

 

バリテイン221の成分には、類似品にはないこだわりがいくつかあります。

 

バリテイン221は「バリテイン」からリニューアルされ、その際に成分に対してもリニューアルされました。

 

これから紹介する成分は、ほとんどの増大サプリには配合されていない成分です。
※私の見落としがなければですが…

 

まず初めにどのような嬉しい成分が新たに追加されたのかご覧下さい。

 

バリテイン221がリニューアル!【新成分の魅力】

 

バリテイン221はリニューアルして新成分がプラスされました。

 

※バリテイン221には、増大サプリには欠かせないシトルリンやアルギニン、亜鉛はもちろん配合されています。(血流促進や成長ホルモンなど)

 

1.プリマビエ(特許成分)

 

プリマビエ

 

※プリマビエとは、臨床的に効能が実証されたヒマラヤ原産の高品質な「精製シラジット」です。
標高3000m級のヒマラヤ山脈で採取され、100%水抽出法を繰り返し、重金属を除去した液体をロータリー真空乾燥機で乾燥させ、それを粉末化したもの

 

・男性ホルモンや一酸化炭素の濃度に!

 

・持久力や体力

 

・若返りの秘薬と呼ばれている

 

特許成分でもあるプリマビエには、このように勃起には欠かせない一酸化炭素の産出にサポートすると言われています。

 

また、疲労やスタミナを取り戻すために増大サプリを飲まれる方にとっても根拠のある成分となっています。

 

男性を強くするためのミネラルがプリマビエには約40種類も配合されているとも言われています。

 

※バリテイン221には「ハードカプセル(ホワイト)」「ハードカプセル(ベージュ)」の2つのカプセルに高配合

 

2.フェヌグリーク(特許成分)

 

フェヌグリーク

 

・性的パフォーマンス

 

・筋肉量

 

・テストステロン(男性ホルモン)

 

こちらも特許成分であるフェヌグリークには、このように性的なパフォーマンスにサポートされるため滋養強壮に期待ができると評判です。

 

北アフリカや南ヨーロッパでは糖尿病に対して飲む習慣もあると言われています。

 

中性脂肪が気になる方にとっても、同時に筋トレやウォーキングを行うことで更なるサポートに期待が持てる成分がフェヌグリークです。

 

そのため、多くのアスリートやスポーツ選手に愛用されている成分でもあります。

 

※バリテイン221には3つのカプセルすべてに高配合されています。

 

3.a-GPC

 

a-GPC

 

・競技パフォーマンス

 

・成長ホルモンの分泌

 

・肝機能障害

 

他にも必須成分のシトルリンやアルギニン、オルニチンなど10種類を全カプセルに配合されました。

 

そのため、吸収率をさらに高めることにも期待がもてるようになりました!

 

配合成分も201種類からさらに221種類にプラスされています。

 

4.スーパーフードのスピルリナ

 

スーパーフードのスピルリナ

 

私が健康面で特に嬉しい成分と感じたのは、スーパーフードのスピルリナです。スピルリナは「優れた未来食」と言われている成分です。

 

スピルリナが配合されていることが、バリテイン221を飲んでいて安心感を感じるきっかけにもなりました。

 

スピルリナはヴォルスタービヨンドブラストにも配合はされていますが、それでも配合されている成分としてはかなり珍しいと言えます。

 

スピルリナ

 

※バリテイン221を購入する方の目的は、このような成分や生タイプカプセルへのこだわりが理由な方が多く見られます

 

 

バリテイン221全成分を事前に確認しよう

 

バリテイン221の全成分はこちらになります。

 

【生サプリ(ソフトカプセル) 配合成分】

 

※内容量 460 r

 

L-シトルリン、L-アルギニン、L-オルニチン、スッポン、マムシ、トナカイ角、馬睾丸、トンカットアリ、 クラチャイダム、フェヌグリーク、カキ、鯉胆、豚プラセンタ、水蛭、ローヤルゼリー、しじみ、 DHA 含有精製魚油、コエンザイム Q10、プロポリス、馬精製油、EPA 含有精製魚油、サメ肝油、 鳥骨鶏卵黄油、山西老陳酢濃縮末、キャッツクロー、エンジュ、ヘマトコッカス藻、ルチン、グリシン、 環状オリゴ糖、食用ぶどう油、米粉、たん白加水分解物(乳成分を含む)、レシチン(大豆由来)、 グリセリン脂肪酸エステル、サフラワー油、ゼラチン、デキストリン、酸化防止剤(V.E、V.C:大豆由来)

 

【ハードカプセル(ホワイト) 配合成分】

 

※内容量 313mg

 

L-シトルリン、L-アルギニン、L-オルニチン、スッポン、マムシ、トナカイ角、馬睾丸、トンカットアリ、 クラチャイダム、フェヌグリーク、プリマビエ?、マカ、馬の心臓、ウナギ、ビタミン E、ビタミン B1、 ビタミン B6、ビタミン B2、ビタミン K、ビタミン A、ビタミン D、ビタミン B12、葉酸、 L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-リジン塩酸塩、L-アスコルビン酸、 N-アセチルグルコサミン、ガラナ、アカガウクルア、エゾウコギ、松樹皮、雪蓮花、サンザシ、 メカブ、黒胡椒、発酵黒タマネギ、黒大豆種皮(大豆を含む)、アスパラガスラセモサ、ウコン、 マテ茶、赤ワイン、カミツレ、コンドロイチンたん白複合体、ウーロン茶、ステアリン酸 Ca、 ヘスぺリジン、グリシン、アラビアガム、パントテン酸 Ca、ニコチン酸、デキストリン、ゼラチン、 澱粉、酸化防止剤(V.C、V.E:大豆由来)

 

【ハードカプセル(ベージュ) 配合成分】

 

※内容量 313mg

 

L-シトルリン、L-アルギニン、L-オルニチン、スッポン、マムシ、トナカイ角、馬睾丸、トンカットアリ、 クラチャイダム、フェヌグリーク、プリマビエ?、α-GPC(グリセロホスホコリン)、スピルリナ、 91 種類・和漢発酵エキス※、冬虫夏草、高麗人参、ニンニク、田七、サソリ、馬プラセンタ、 さけ白子、蟻、HMB-Ca(一水和物)、L-トリプトファン、D-リボース、L-アスパラギン酸ナトリウム、 α-リポ゚酸、クコシ、霊芝、カンゾウ、ジャムゥガリアン、地膚子、チンピ゚、ツルドクダミ、クロレラ、 ボタンボウフウ、クマザサ、山伏茸、メシマコブ、アヤムラサキイモ、紅参、明日葉、大麦若葉、杜仲、 カカオ、リンゴンベリー、グロビン蛋白分解物、レッドブラッドオレンジ、アカシア食物繊維、グァガム、 イナゴ豆、藍藻、ムイラプアマ樹皮、ザクロ、βカロテン、キサンタンガム、ステアリン酸 Ca、グリシン、 セルロース、デキストリン、ゼラチン、カラメル色素、澱粉、加工油脂、微粒酸化ケイ素

 

※『91 種和漢発酵エキスの成分一覧』 ヨモギ、ドクダミ、キダチアロエ、ウコン、高麗人参、クコの実、ハト麦、オトギリソウ、クマザサ、 タンポポの根、レンセンソウ、モモの葉、エビスグサの種子、イチョウ葉、レイシ、ニンドウ、 イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、アマチャヅル、ハブ草、ラカンカ、トチュウ葉、エンメイ草、 ビワ葉、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、オオバコ、クコ葉、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、 スギナ、アマドコロ、ツユクサ、メグスリの木、ツルナ、ヤマイモ、カキの葉、カミツレ、カリン、シソの葉、 ミカンの皮、ショウガ、センシンレン、クワ葉、キンカン、タマネギ外皮、田七人参、キキョウ根、ナツメ、 サラシア、トウガラシ、イチイの実、紅参、ルイボス、アムラの実、ハッショウマメ、ムイラプアマ樹皮、 イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥルシー、キャッツクロー、コンブ、フノリ、ミカン、パイナップル、 リンゴ、ブドウ、ウメ、イチジク、グレープフルーツ、メロン、レモン、アンズ、ニンジン、タマネギ、パセリ、 ゴボウ、ニンニク、ラッキョウ、キャベツ、モヤシ、シイタケ、砂糖、てんさい糖、ハチミツ、タピオカ、 オリゴ糖、黒砂糖

 

このようになります。

 

アレルギー体質の方は、事前に必ず確認下さい。

 

バリテイン221の成分はこだわりが強いと言える

 

バリテイン221の成分は、このように様々な成分が配合されています。

 

プリマビエやフェヌグリークなど類似品の増大サプリには配合されていない希少な成分も配合されています。

 

もちろんシトルリンやアルギニン、亜鉛なども配合されているため、バリテイン221は類似品よりもこだわりが強いと言えます。

 

そして、生カプセルタイプにより吸収率も良く実感しやすいように開発もされています。

 

発売から7年ほどですが、既に70万箱を突破し、満足度も98.9%というバリテイン221には今後期待ができます。

 

※さらに詳しい情報はこちらをご覧下さい。

 

ページの先頭へ戻る